『成分内容にこだわるのも大事だけど髪や頭皮はもしかして・・・』ってお話

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新潟県 五泉市村松の商店街のアーケードに「赤い旗」が目印の美容室

髪質を健康に近づけながら無理のない・背伸びしないヘアスタイル

お客様と一緒に作っていかせていただいています。


詳しくはこちらちょっと真面目に書いてます。⇒短パン美容師 井関取扱説明書

ご新規様割引クーポン券はこちら⇒『ゆき美容室初めての方クーポン』

ゆき美容室のヘアスタイルインスタグラム⇒ゆき美容室★インスタグラム

おススメ人気商品のご紹介⇒~売れ筋人気商品~


最先端技術!CMでもおなじみ五泉市で出来る増毛技術

『3D増毛ボリュームエクステ』


⇩美容師が絶対教えないヘアケア方法⇩

秘密のヘアケア方法

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ども、ヒゲです。なんかうれしいですね~。美容に意識の高い女性がいるのっていいですね!

美容師とお客様の会話に「美容」がでてくるなんて思いもしませんでしたw

五泉市はまだまだがんばりますよ!!!

さてモデルさんと会話で

モ「肌が弱いので洗浄力の強いシャンプーは良くない?って?」

ヒ「ん~~肌が敏感な方には可能性はあります。でも、肌に優しい“アミノ酸”だって炎症起こす方もいるので一概に洗浄力にこだわらないほうがいいですよ。」

ヒ「アルカリ性とか酸性とか聞いたことありませんか?」

モ「あります。あります。」

ヒ「対外のシャンプーは肌に対してアルカリ性(pH)の商品が多いです。そっちの方が洗浄剤の効果がでるので物としての機能は抜群です。が、肌に対しては刺激が強いです。ので、肌と髪が安定する弱酸性をおすすめしますよ。」


そうです。内容成分も大事なんですが、その成分が活性化するために「アルカリ性」(けっしてアルカリが悪いわけではないですよ。ディスってませんよw)にしているところも大事なんですよ。

肌が敏感な方はアミノ酸だろうがラウリルなんちゃらとかも大事ですが

元々肌の表面は弱酸性が安定する場所です。

毛髪も弱酸性で安定する場所です。


人間の肌の安定するを基準に弱酸性を選んでいただくのもひとつの手段ですよ。

0コメント

  • 1000 / 1000