【パーマの不思議・疑問】

肌に優しい。髪に優しい。

やり続けて髪がボロボロ・・・・

手触りがゴワゴワ・・・( ˘•ω•˘ )



“過収れん”が原因といつも言っているけれど


本当に過収れんだけが原因なのか?といつも疑問に思っている。


他に何かあるはずなんだろうけど、ハッキリしていないから何も言えない。

たぶんアレが邪魔しているから蓄積するからじゃないかと考えているけどこれはだれも共感していただけないwだって目に見えないし、手で触った感じでしかわからない。


髪が細くなるということは、髪の中が徐々に減ってきているということだと思っている。

それが自然と年齢を重ねることで髪への栄養が行き届きづらく細くなる髪。

パーマによる毛髪内部の流出によるダメージで細くなる髪。

この2つの細くなる理由が違うけれど、無くなる毛髪内部の部分は同じ?


パーマがどんなに優しい薬とはいえ、薬品が毛髪内部に残留し続けている限りはダメージが進行すると考えると、元々肌に優しい髪に優しい還元剤は内部に浸透しやすく反応がほとんどない。酸化をしても還元反応を起こしていない物には酸化反応を起こさない。

そのまま一回シャンプー台でリンスをつけただけでは全然流れてくれないはず。

そんな反応していない薬品をつけたままは内部を傷め続けるのでは?

シャワーのお湯(pHアルカリ)だけでも反応してしまうのでは?

ってことはやっぱりダメージの原因は・・・・



ん~~~わからん。



疑問に思っていること自体、頭がおかしいのかなwww



ん~よくわからないな~


とりあえず保留!

公式ゆき美容室ライン@
ヘアのご相談、ご質問なんでもこちらにお話しください。
よろしくお願いいたします( ^ω^ )

【弱酸性美容サロン ゆき美容室】

“美しく、若々しく”の理念の下 新潟県五泉市村松の歴史ある城下町の商店街で営んでおります。 アットホームでいながら美に対する気持ちは五泉市一番の熱さの想いで みなさまにご提供させていただいております。 全国でも数少ない【弱酸性美容法】で施術させていただいております。 今現在もっとも髪と肌に優しい美容法でございます。 五泉市で弱酸性美容と大きくお伝えしているのはゆき美容室だけです。

0コメント

  • 1000 / 1000