【弱酸性と人間との相性】アルカリが悪いとか、弱酸性が良いとか止めましょ( ^ω^ )

どうも豚さんことヒゲ短パン井関です。

下から写真を撮るとこうなりますwwwww

本当に気持ちわるwwwwwwwwwwwwwwwwww


スーパーセール開催中

どんどんご予約ありがとうございます( ^ω^ )

今がチャンスです!!!



さてどうしても〇〇が悪い、〇〇は良い。

こんな言い回しはどんなことにもあります。

決してそれが悪いとは思いません。


前置きはここまでにして。

生理学的中性点 pH5前後 もっとも髪、肌が安定する(健やか)領域といわれてります。


アルカリ性は? 膨潤・腐敗といわれています。

酸性は? 収れん・殺菌といわれています。


それは何に対していわれているのか?簡単に言えば「肌・髪」に対してこの効果があるようですが

実際髪は殺菌されていますか?殺菌してどうするの?髪が腐敗?腐るの?



ヘアカラーして髪腐りましたか?パーマして腐りましたか?

ヘアカラーして殺菌されましたか?パーマして殺菌されましたか?


いいえ。腐敗もしませんし殺菌されていません。

よほど強アルカリや強酸で長時間つけ置きしていれば、髪も肌も腐敗や殺菌されるでしょう。


そんなこと美容室ではありえませんよね。

これは

極論ですよ。


それだけ危険ですから安全にご使用くださいってことですよね



じゃあ酸性が良いのか?といわれると

実は酸性だってなんでもいいわけではないんです。


髪は酸性に傾くと❝収れん❞しますが収れん過ぎて

過収れん

詳しく説明すると大変ですので止めますw

体感としては、

「髪がきしむ。ギシギシ」

「髪にしなやかさ(やわらかさ)が全く無い」

「髪を洗ってもゴワゴワ」

「リンス、トリートメントをつけてもゴワゴワ」

「硬くなって手触りがざらざら」


全く髪に油分がなくなったようなパサパサゴワゴワになってしまうんです。

硬い髪になってしまいます。


アルカリ性に傾くと

皆さんご存知の「明るくするヘアカラー」ですね。

アルカリは「膨潤」するので髪が膨らみ、水分を含みやすく柔らかくしてくれます。

しかし、膨らみっぱなしだと髪は髪内部の栄養素を流出させてしまうことに。

体感でいくと

「髪が痩せたような細さを感じる」

「リカちゃん人形のよう」

「湿気で髪が膨らむ」

「急にくせが出てきた」

「ごわつきを感じる」

「洗うと、髪にハリコシを感じない」

徐々に髪の弾力を感じないペラペラな弱い髪になってしまいます。


なんだかどちらも良いことないですね。


そうです。

なんでもかんでも

弱酸性が良いわけでもなく、アルカリ性が悪いわけではないんです。


極力pH5前後になるようにしてあげることが一番いいんです。


だから美容師さんで

「弱酸性だから髪がよみがえります」とか

「弱酸性だから傷みません」とか

「アルカリ性は髪を腐らせます」とか

そんなことをいう方はあまりおススメしません。


そんな美容師にならないように

気を付けて仕事します。

結局自戒なblogでした。



公式ゆき美容室ライン@
ヘアのご相談、ご質問なんでもこちらにお話しください。
よろしくお願いいたします( ^ω^ )

【弱酸性美容サロン ゆき美容室】

“美しく、若々しく”の理念の下 新潟県五泉市村松の歴史ある城下町の商店街で営んでおります。 アットホームでいながら美に対する気持ちは五泉市一番の熱さの想いで みなさまにご提供させていただいております。 全国でも数少ない【弱酸性美容法】で施術させていただいております。 今現在もっとも髪と肌に優しい美容法でございます。 五泉市で弱酸性美容と大きくお伝えしているのはゆき美容室だけです。

0コメント

  • 1000 / 1000