【お客様と美容師のや・り・と・り♡】ヘアカラーをオーダーする時「〇〇な色」と言われたら気をつけましょ。

あっどうも短パン美容師 井関です。

短パン美容師 井関をご存知ない方は

詳しくはこちらちょっと真面目に書いてます。⇒短パン美容師 井関取扱説明書

ご新規様割引クーポン券はこちら⇒『ゆき美容室初めての方クーポン』

ゆき美容室のヘアスタイルインスタグラム⇒ゆき美容室★インスタグラム

おススメ人気商品のご紹介⇒~売れ筋人気商品~

最先端技術!今最も熱い「3D増毛ボリュームエクステ」とは⇒『3D増毛ボリュームエクステ』

美容師が絶対教えないヘアケア方法⇒秘密のヘアケア方法


このヘアオイルまだまだ大人気です。詳しくは


お客様と美容師とのやりとりで今回のヘアスタイルが決まると思います。


今回はヘアカラーについて思うところがありましてちょっと書きます。


毎回ヘアカラーを決めるとき何て相談して決めていますか?

「おまかせ」「いつもの通り」は別ですが。

中にはお客様で気分を変えたい!方もいると思います。

そんな方に

「いつも通りでイイですよね?」「自然な茶色でイイですよね?」

「毛先明るいから全部染めますね。」


ん~



なんか~




しっくりこないのはヒゲだけでしょうか?

変えたい!って方には「いつも通りですね。」これだめでしょ?

ただ美容師が面倒だからいつも通りと押し切る感じ・・・・

「自然な茶色」っていうのも

そもそも自然な茶色って何?ヒゲの勉強不足で分からないのですが・・・

お客様はもっとわかんないよね。

「毛先明るいから染めます。」

ん~間違っていないけど毛先明るいからなんなの?いけないの?って感じですよね。


これって全部美容師が❝無難❞にしようとしているだけのように思えてしまいます。

めんどくさいのでしょうか?????


わかりませんが。


出来れば

お客様に似合う色、ヘアカラーで求めている事、を出来るだけくみあげたほうがいいんじゃないでしょうか?大体の美容師さんは当たり前でしょう。と感じると思いますが、そうじゃない美容師さんもいます。


ココからはお客様の要望を上手く美容師に伝える方法をお話します。

それは簡単です。


『画像、写真、切り抜きを美容師に見せて確認する』



これだけです。あとは

この色がお客様にフィットしているのか、アレンジするべきか、美容師が判断してご提案します。

参考にこちら

公式ゆき美容室ライン@
ヘアのご相談、ご質問なんでもこちらにお話しください。
よろしくお願いいたします( ^ω^ )

【弱酸性美容サロン ゆき美容室】

“美しく、若々しく”の理念の下 新潟県五泉市村松の歴史ある城下町の商店街で 30年以上地域の皆様にお世話になっております。 「明るく自信の持てる日常」を 少しでもお客様に寄り添えるよう心掛け 美容をご提供させて頂いております。 ❝肌にも髪にも優しい弱酸性美容法❞を取り入れております。

0コメント

  • 1000 / 1000