【髪のダメージ】ダメージしたら治せないからこそ・・・・

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新潟県 五泉市村松の商店街のアーケードに「赤い旗」が目印の美容室

髪質を健康に近づけながら無理のない・背伸びしないヘアスタイル

お客様と一緒に作っていかせていただいています。


詳しくはこちらちょっと真面目に書いてます。⇒短パン美容師 井関取扱説明書

ご新規様割引クーポン券はこちら⇒『ゆき美容室初めての方クーポン』

ゆき美容室のヘアスタイルインスタグラム⇒ゆき美容室★インスタグラム

おススメ人気商品のご紹介⇒~売れ筋人気商品~


最先端技術!CMでもおなじみ五泉市で出来る増毛技術

『3D増毛ボリュームエクステ』


⇩美容師が絶対教えないヘアケア方法⇩

秘密のヘアケア方法

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

毎日丁寧にヘアケアしているのに・・・・

高いヘアケア剤使っているのに・・・・



何だかよくなっている気がしない_( _´ω`)_ペショ


「私の髪質が良くないから????」




どうしても❝髪質❞のせいになりがちですよね。

ましてや美容師さんが「髪質ですよね。」って言われたらどうですか?

残念な気持ちになりますよね。

でも現実言っているのもたしかです。

これって

病院で担当のお医者さんに「年齢のせいです」って言われてがっかりするのと同じですよね。



なにも確認しないで、何も調べないで“髪質のせい”にはされたくないです。




髪の大きなダメージは

「物理的なダメージ」
「化学的なダメージ」

この2種類です。


毎日自宅で

「ブラシで髪をとかす」

ブチブチいいながら我慢してとかすことありませんか?

切れ毛の方要注意です。

美容師さんでよく髪をとかしてくださいとかいいながら

「ブチブチ」いわせてい美容師いますよね((+_+))危険です。マネしないでください(爆)


過剰なドライヤーの熱によるダメージ。

健康な髪(ダメージしていない。もしくはダメージ小さい。)の方は

熱にも耐えれるので良いのですが、ダメージしている髪は熱にも敏感です。

トリートメントも大事ですが、

「洗い流さないトリートメント」も乾かす前にしっかりつけて乾かしてください。

乾かす前が大事ですよ。


物理的なダメージはご自宅で起こりうるものですが、

問題は化学的ダメージ。


これは美容室で起きやすいダメージです。


例えば

ヘアカラー。

ヘアカラーは脱色剤、アルカリ剤などどうしてもカラーをするため必要なお薬ですが

髪の状態を見極めきれないとダメージが加速するのと

薬剤をしっかり処理しないとダメージがなお進みます。

髪がどんな状態になるかと言いますと


  • 毛先の髪が細く感じる
  • やけに乾燥した「パサパサ感」がある
  • ツヤがない
  • 髪がまとまらない
  • ドライヤーでの乾きが遅い
  • ヘアカラーの色持ちが悪い、すぐに黄色っぽくなる


なにか思いつくことありませんか?

なんとなくありますよね。


これはヘアカラーの薬剤によるダメージです。

もちろんパーマでも縮毛矯正でも下手するとトリートメントでもなってしまいます。


決して美容メニューが悪いわけでは無く

それを決める

美容師の見極める力と薬剤の後処理をしっかりすることができないと

化学的なダメージが大きく髪がボロボロになってしまうんです。


そうならないよう

日々美容師は勉強しています。

もうちょっとで髪質を改善してくれるメニューもいけると思います。


髪を大事に施術していきますので

皆さんも髪を大事にケアしてあげてください。

0コメント

  • 1000 / 1000