【30代以上の髪】髪は骨粗しょう症に似た状態になる事もある!?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新潟県 五泉市村松の商店街のアーケードに「赤い旗」が目印の美容室

髪質を健康に近づけながら無理のない・背伸びしないヘアスタイルをお客様と一緒に作っていかせていただいています。


詳しくはこちらちょっと真面目に書いてます。⇒短パン美容師 井関取扱説明書

ご新規様割引クーポン券はこちら⇒『ゆき美容室初めての方クーポン』

ゆき美容室のヘアスタイルインスタグラム⇒ゆき美容室★インスタグラム

おススメ人気商品のご紹介⇒~売れ筋人気商品~

最先端技術!今最も熱い「3D増毛ボリュームエクステ」とは⇒『3D増毛ボリュームエクステ』

美容師が絶対教えないヘアケア方法

     ⇩

  秘密のヘアケア方法

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

どうも手書きでスイマセン。

解りずらいですが髪の骨粗しょう症➡「毛粗しょう症」を書いてみました。


髪は30代をピークに徐々に髪の中のタンパク質が減少して

細く・軽くなるということが起きやすくなります。


そもそも髪の中がスカスカだとどんなことが髪に起きてしますかといいますと

  • 「いつもよりうねる」
  • 「いつもよりチリチリする」
  • 「いつもよりパサパサする」
  • 「なんだか以前より髪が❝くせッ毛❞になった」
  • 「髪が細く感じる」
  • 「髪にツヤがない」
  • 「髪にボリュームがない」

どうでしょうか?何か髪がなんとなく『やせた』感じに聞こえませんか?


少しでも該当する髪の方は美容室での

  1. アルカリカラー(オシャレ染め・白髪染め)
  2. 弱酸性カラー(ヘアマニキュア)
  3. パーマ(アルカリ・弱酸性どちらのパーマ・コスメパーマ)
  4. 縮毛矯正(アルカリ・弱酸性・コスメストレート)

どの施術でも髪につける化学薬品は痩せている髪には十分気をつけないといけません。


①アルカリカラー(オシャレ染め・白髪染め)

皆さんご存知の一般的な明るくしたり、色を入れたり、白髪を染めたりしてカバーしたり楽しむためのヘアカラーですが、ここ最近になって多くのサロンさんでヘアカラーの後処理をキチンとするのが当たり前になってきました。

ただでさえ髪のタンパク質を流出させやすい施術ですが元々細くなってタンパク質の少ない髪に何もせずそのままヘアカラーをしたらどうでしょう?


なおさら髪が細くなり、ヘアカラーも思ったような色にもなりづらく、損傷具合が従来よりも

ひどくなってしまい・・・・

いわゆる

『ビビり毛』

になってしまう可能性が大きいです。


②弱酸性カラー(ヘアマニキュア)

髪の表面もしくはキューティクルの中まで染める、明るくは出来ないよくご年配のミセスがするヘアカラーでニオイも臭くなく、肌についてもしみづらい、髪へも負担が少ないかなり安全なヘアカラーです。

ヘアマニキュアです。

ですが、健康な髪でしたらまだダメージを感じれません(実際は多少あります)が、

元々髪のタンパク質が少ない髪にとって弱酸性のカラーとはいえ髪は過収れんと言って

“酸による収れん”=つっぱる感、ギシギシ感が強くなってしまう事があります。

いわゆる

『過収れんでパサパサ・ギシギシ』

イメージとしては髪の中を酸によって絞り上げてカラカラになってしまうと思ってください。


③パーマ(アルカリ・弱酸性・コスメパーマ)

どの施術のパーマでも薬剤によるダメージは強いです。

タンパク質の少ない髪にとっては髪自体に体力がない状態ですので

髪の形状(カールやウェーブ)を維持することができません。

下手をするとダメージするだけで終わってしまう事も・・・・

いわゆる

『ダレる』

パーマのウェーブやカールを維持できずほそ~~いパーマのロッドでゴリゴリに巻いて

おばちゃんパーマで毎回ブローをしないといけない

『チリチリパーマ』

になってしまう事も・・・・

毎回毎回それを気にしないでやり続けると

『パーマがかからない』

ということも最悪なってしまいます。


④縮毛矯正(アルカリ・弱酸性・コスメ)

髪のくせを薬剤とヘアアイロンの熱でまっすぐにしてくれるサラサラ~ツヤツヤ~~の誰もが一度は憧れる縮毛矯正。

うねるなら、チリチリするなら、加齢毛の髪なら大丈夫のような気がしますが

縮毛矯正は美容室でもトップクラスのダメージしやすいメニューです。


細くなってしまった髪に強力な薬剤をつけて高熱のアイロンを当てれば誰もが想像できる

『ビビり毛』『チリチリ髪』

最悪

『焼けこげる』

そんなことになるのはよほどですが、最悪髪が切れてしまう事もありえます。


それだけ毛粗しょう症の髪はデリケートになっています。



お客様の髪はまったくもって髪質のせいと思うことはありません。

今ある現状からどのようにしてキレイにしていくのか出来うる限りの方法は考えます。

中にはお客様に何も伝えず適当に施術する美容師さんもいるかもしれません。

そんなことが無いように

丁寧に髪を預からせていただきます。



解決方法はまたご紹介します。

「Face Book」ご利用の方は

リンクしたFace Bookからご予約もできます。

公式ゆき美容室ライン@
ヘアのご相談、ご質問なんでもこちらにお話しください。
よろしくお願いいたします( ^ω^ )

【新潟県五泉市|弱酸性美容サロン ゆき美容室】「安心・安全・美」のお子様からご年配まで地元密着美容室

“美しく、若々しく”の理念の下 新潟県五泉市村松の歴史ある城下町の商店街で 30年以上地域の皆様にお世話になっております。 「明るく自信の持てる日常」を 少しでもお客様に寄り添えるよう心掛け 美容をご提供させて頂いております。 ❝肌にも髪にも優しい弱酸性美容法❞を取り入れております。 安心・安全な美容をお客様にご提供できるよう努めております。

0コメント

  • 1000 / 1000